虫食い[衣類害虫とその被害] | 衣類ケアからはじめる、新しいライフスタイル提案

衣類ケアこだわりスタイル

衣類guide | 虫食い

1.これが虫食い!

久しぶりに取り出した
お気に入りのセーターが・・・

2.被害について

衣類を食べるのは幼虫です。ピーク時には1匹でも16mg、ウール地(100g/㎡)に換算すると1.3cm四方相当の穴を開けてしまうほどなのです(当社実験データより)。


虫は上から下に向かって衣類を食べていく習性があるので、重ねておいた衣類すべてに穴が開いてしまうという事態もあります。

3.衣類害虫の種類

衣類害虫には、こんな種類がいます。

ヒメカツオブシムシ
幼虫は黄褐色もしくは茶褐色。毛に覆われています。

ヒメマルカツオブシムシ
幼虫は灰褐色。毛に覆われています。

イガ
幼虫は繊維を噛み切って、筒状の巣を作ります。

コイガ
クモの巣状の巣を作ります。

4.衣類害虫とその被害

活動時期
●春や秋にかけて、気温が15℃以上になると活動が活発に。
●夏場や冬場などは活動が鈍くなります。
●年間を通じて暖かい家の中では、季節に関係なく被害にあうことも。
侵入経路
衣類害虫は、タンスの中から自然にわいてくるというわけではありません。成虫は屋外にいて、自由に飛び回っています。ですので、ときには屋外に干してある洗濯物にくっついてきたり、卵を産みつけたりして、家の中に入ってくるのです。家の中で卵がかえると、幼虫はタンス、衣装ケース、押し入れの中のように暗くて暖かい場所を好み、成長していきます。そして成虫になると、明るい場所に飛んで行くのです。

●干してある洗濯物にくっつく。
卵を産み付ける。

●家の中に侵入。